セブンヒッツ理論

セブンヒッツ理論とは

ある商品やサービスについての情報を消費者が7回触れていると、お店にその商品が並んでいるとその商品を選んで購入する確率が高くなることをセブンヒッツ理論といいます。企業は消費者が目につくように広告やテレビコマーシャル、ホームページ等で多くの宣伝コストをかけるのはこのためです。継続的な広告は消費者と商品の距離感を縮め、売上アップにつながります。逆にただやみくもにつまらない宣伝しても、消費者はその商品に嫌悪感を抱きます。毎日のように配信されるダイレクトメールやしつこい電話勧誘販売は商品にとって悪いイメージが残るだけです。セブンヒッツ理論の7回という数字は消費者に安心感を与える大事な数字であるといえます。

セブンヒッツ理論のお役立ち情報

消費者が商品を目にするのはテレビコマーシャルやホームページだけではありません。コンビニエンスストアでは大人の目線130センチのゾーンに売れるもの、売りたいものを置きます。このゾーンはゴールデンゾーンといわれています。このゾーンは視界に入りやすいので、消費者が何気なく、商品を目にし、手に取り、レジに購入するというセブンヒッツ理論の一連のパターンがあてはまります。セブンヒッツ理論を利用し、店内のディスプレイ工夫したり、商品の陳列を変えてみることで今まであまり注目されていなかった商品が消費者の目にとまり、売れることもあるのです。お菓子ひとつでも、朝、テレビコマーシャルを見て、電車で広告を見て、帰りにコンビニで本物の商品を目にするとつい買ってしまいたくなるものです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績