セマンティック検索

セマンティック検索とは

セマンティック検索とは、検索エンジンなどで利用者が何かを検索する際に、利用者の真意をコンピューターが解釈して、正しい検索結果を返すことです。特にGoogleやBingなどの検索エンジンでは、これまでは入力された検索用のキーワードやフレーズをそのまま含んだウェブページを、検索結果として返すことが多かったです。しかしこれでは利用者の意図を正しく反映できないことも多かったので、より高度な検索エンジンを実現するためには、セマンティック検索の向上が不可欠といえます。例えばGoogleは、最終的には人間と会話して答えを返せるような検索エンジンを目指しています。ただし現状では検索エンジンのセマンティック検索の能力は、まだまだ発展途上です。

セマンティック検索のお役立ち情報

セマンティック検索を実現する技術としては、例えば同義語や類義語を正しく解釈する、というものがあります。具体例としては口コミと評価、評判、などを類似した言葉として捉えたり、商品名とその略称を一つのものとして認識する、などです。2013年に導入されたグーグルのハミングバードアップデートも、セマンティック検索の能力を高めたアルゴリズム更新です。セマンティック検索の能力が向上すれば、検索エンジンの利用者にとっても「自分の知りたいことをなかなか適切な検索フレーズに表せない」というケースが減り、検索結果の精度を高めることができます。セマンティック検索に対応するSEOとしては、あるジャンルに関連する情報の量を増やすことで、より検索結果にヒットしやすくなるといえます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績