セル生産方式

セル生産方式とは

セル生産方式とは1人から数人で組立、加工、検査までの複数の工程、または全工程を担当する生産方式の事で部品や作業台などをU字型に配置したセルというラインで作業を行います。かつての生産方式の主でもあるライン作業の大量生産に対し、多品種少量生産に対応できる為、無駄なコストやロス生産を防ぎ、生産バリエーションを多く持つ事が可能です。一人で全工程を受け持つので一連の流れが把握でき、熟練した技術を得る事が可能です。
生産業に関わらずIT、Web業界でもサイト集客、アクセス解析、サイト制作などいくつかの工程を細分化、分業化して一人の人間が担当する事で業務の最適化を目指し、セル生産方式のような方法で生産効率を高めています。

セル生産方式のお役立ち情報

IT業界、Webマーケティングにおいてもセル生産方式による業務の細分化を図る事でより無駄のない生産効率を生み出す事が出来ますが、セル生産方式におけるデメリットも存在します。
業務を細分化するあまり、断片化された部分のつなぎがおかしくなって全体的のバランスに影響が出る場合もあります。一人一人で全体のバランスを見ながら作業をこなしていく必要が出てくるほか、作業効率は一人一人に委ねられるので本人のやる気に大きく左右されるという事や、担当された工程を熟練に出来るまでは容易ではなく、時間がかかるといった点があります。
しかしながら、どの業界においても必要な物を必要な数だけ生産し、それに対応できるスキルを持った人材が育つという点ではセル生産方式は優れた生産方法であると言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績