タッチタイピング(touch typing)

タッチタイピング(touch typing)とは

タッチタイピング(touch typing)とは、パソコンやワープロに入力する際に、キーボードを見ることなく文字入力することでブラインドタッチ、タッチメソッドとも呼ばれます。ブラインドタッチという呼称は和製英語であり、視覚障害の方への配慮の点から、現在はタッチタイピング(touch typing)の呼称の方が一般的になりつつあります。タッチタイピング(touch typing)の利点は、キーボードをいちいち見ることなく入力できるため、入力するスピードが速くなること、タイピングミスにより早く気づけること、キーボードを見ながら打つのに比べて視点の移動が少ないため、眼精疲労になりにくいことなどがあります。

タッチタイピング(touch typing)のお役立ち情報

タッチタイピング(touch typing)ができると、仕事の効率が上がります。でも習得するまでに多少の時間がかかります。少しでも早く習得するためには、専用のタイピングソフトを使うのがおすすめです。有料のものだと、ゲーム仕立てになっているものもあり、楽しく練習ができます。インターネットのサイトで無料で練習できるところもありますので、そちらを利用するのも良いでしょう。自分で考えた文章を入力するときには必要ありませんが、原稿から入力する際に便利なのが、原稿台(データホルダー)です。せっかくタッチタイピング(touch typing)ができるようになって、キーボードを見なくて済むようになったのに、原稿を見るために下を見るのでは、作業スピードが落ちてしまいます。原稿台を使えば、モニターから視点を落とさずに入力できるので重宝します。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績