ターゲット・オーディエンス(target audience)

ターゲット・オーディエンス(target audience)とは

ターゲット・オーディエンス(target audience)とはマーケティング手法の一つであり「ある特定の消費者に向けたマーケティング」ということになります。
個人に対して行うよりは規模が大きく、不特定多数に対して行うよりは規模が限定されているものがターゲット・オーディエンス(target audience)です。
例えばある商品を売ろうとする際に主な購買層を「20代の男女」と予測して、20代の男女に好感を持ってもらいやすいコマーシャル・広告を作成したというのであれば、それはターゲット・オーディエンス(target audience)であるということができるでしょう。
これを行うことによって、商品の購買層が予測されているのであればより効果的にマーケティングを行うことが出来るようになります。

ターゲット・オーディエンス(target audience)のお役立ち情報

ターゲット・オーディエンス(target audience)は特定の年代・性別・収入レベルといったような消費者に対してマーケティングを行う際、非常に大きな効果を期待することができる存在です。
ですがその反面、ターゲット・オーディエンス(target audience)ではその性質が強くなるほど、特定の特徴を持つ消費者に対してのみ効果を及ぼすというのが一般的です。
例えば20代の女性をターゲットに設定してこれを行ったというような場合、50代の男性のような、特定の特徴を持つ消費者とはかけ離れた消費者に対しては非常に効果が薄いということになるのです。
そのためターゲット・オーディエンス(target audience)の手法は「購買層がある程度限定されてくる」という特質を持った商品でこそ活用できるものであるということに注意をする必要があるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績