ターゲティング広告

ターゲティング広告とは

ターゲティング広告とは、インターネット上に掲載される広告のなかでも、特定の趣味・関心、地域、属性などを持っている人に対象の絞り込みをして配信されるタイプのものをいいます。ターゲティング広告の種類としてはさまざまなものが存在しており、例えば「行動ターゲティング広告」は、ユーザーが閲覧をしたウェブページや検索をしたキーワードなどといった行動履歴から推測して、その人に興味・関心のありそうな広告を自動的に配信するものです。この一種に、「リターゲティング広告」として、過去に企業のサイトを訪れた履歴のあるユーザーに対して、再訪を促す目的で配信される広告があります。また、「地域ターゲティング広告」のように、ユーザーの現在位置を特定し、その地域にある店舗やサービスなどの広告を配信するといったものもみられます。

ターゲティング広告のお役立ち情報

ターゲティング広告を活用することによって、ユーザーの興味・関心などにフィットした商品やサービスの広告を適切に選んで配信することができるようになることから、広告主としては予算を有効に活用しながら効果の高い広告を出すことができます。また、このターゲティング広告には、いままであまり顧みられていなかった、売れ筋でない商品やサービスの需要を掘り起こすという効果もあります。ターゲティング広告で対象を特定するのに用いられる検索キーワードは、誰もが検索しがちなキーワードのほかにも、日頃はあまり検索されないマイナーなキーワードが多く含まれています。こうしたキーワードで検索をするユーザーの好みや条件に対応した商品はかなりニッチな分野のものとなりますが、ターゲティング広告でニーズにあった適切な商品の情報を提供できれば、購入に結びつく可能性は大きいとみられます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績