チャンネルリーダー

チャンネルリーダーとは

チャンネルリーダーは、流通経路の中において主導権を握って、商品情報の流通を調整するもの、企業のことを意味しています。チャネルキャプテンと呼ばれることもあります。このチャネルのメンバーは生産性と卸売業者や小売業者、消費者や政府関係者といった本当に様々な人がメンバーであり、このグループの中でチャネルリーダーとして活躍するということは国や時代、そして商品の領域や会社の経営資源の格差によっても違いが出るでしょう。チャネルリーダーや高度経済成長期は、メーカー、卸業者がチャンネルリーダーになるというケースが多かったですがいまは変わりつつあります。現在はインターネットの普及も伴ってこれからは消費者がチャネルリーダーになる可能性もあります。

チャンネルリーダーのお役立ち情報

チャンネルリーダーは現在はどのような人が担っているのかといえば、組織卸売業がチャンネルリーダーとなることが多いでしょう。なぜなら組織小売業が小売市場にしめているシェアが広がっていてそれぞれの会社が値段競争を激しくしているケースがあります。値段競争が最終的にたどり着くのは、メーカー、小売も利益が0になってしまいます。そうならないために収益が採れるチャネルに力を入れて低価格でたたかう低収益チャネルと補助にしてチャネル制作を行っています。そして消費者にチャネルリーダーを任せて販売戦略を立てているという流れになります。一般の店頭での販売とは違ったインターネット通販という形でブランド育成と収益を狙う手法もあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績