ティーザー広告

ティーザー広告とは

ティーザー広告とは、商品の情報を意図的に一部分しか明かさない広告をいいます。あえて、断片的な情報のみを広告にすることで、消費者の興味や好奇心を集め、期待を膨らませることを目的にしています。ティーザー広告は新聞広告、テレビ、街頭広告、Webサイトなど様々な広告媒体で使用されています。
また、テレビCMのティーザー広告で「続きはWebサイトへ」で終わらしたり、Webサイトのティーザー広告に「ここをクリック」などの表示で、自社のサイトにアクセスしてもらうような狙いもあります。
通常は新製品、映画やゲームの予告編などの話題性があるものに使用します。ただし、商品の情報を明かすことができないために、情報を隠している広告はティーザー広告とはいいません。

ティーザー広告のお役立ち情報

ティーザー広告は消費者の興味や好奇心を集めるために、あえて断片的な情報にする広告手法です。
広告とは消費者が安心して購入できるように商品の詳細や良さをアピールするために行うものですので、ティーザー広告は通常の広告の逆の発想といえます。すなわち、安心して購入できるような商品広告ではないということです。
なぜ、ティーザー広告が成り立つかというと、消費者が広告を出している会社に信頼を置いているからです。
Webサイトで知名度がない会社の広告があっても、ユーザーはその会社への信頼がないので、あまり興味を持ちません。そこで、ティーザー広告にすると、商品の詳細を教えることができないのではないかと疑われることもあり、逆効果と言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績