データベースマーケティング(Database Marketing )

データベースマーケティング(Database Marketing )とは

データベースマーケティング(Database Marketing )とは、顧客の属性やこれまでの購買傾向をデータベースに記録し、それを元に各顧客に合った商品やサービスを提供するマーケティング手法を指します。顧客情報に関して、データベースの構築と分析を必要とするマーケティングですが、このデータベースマーケティング(Database Marketing )は新規顧客の開拓を目的として利用するものではありません。データベースマーケティング(Database Marketing )は既存の顧客の引きとめに重点をおき、一人あたりの購入額増やすうえで効果を発揮する手法のため、既存の顧客の継続的な管理を目的として利用されます。

データベースマーケティング(Database Marketing )のお役立ち情報

データベースマーケティング(Database Marketing )において、顧客の購買情報をデータベース化するにはPOS情報やポイントカードの利用実績などが利用できますが、これをさらにマーケティング施策の立案へと活用するには、目的に応じた最適な分析を選ぶ必要があります。分析目的の例としては、優良顧客特的分析、販促ターゲット分析、顧客フロー分析などの顧客系分析、商品系分析であれば、売れ筋商品分析、商品クラスタリングなどがあり、媒体系分析であれば顧客維持率分析、販促ターゲット分析などが有効です。こうした専門的な分析を自社で行うことが難しい場合、データベースマーケティング(Database Marketing )のアウトソーシングサービスを利用するという手もあります。経験豊富な専門分析スタッフが購買情報の集計から分析、マーケティング施策の立案支援まで行ってくれます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績