トランザクション処理

トランザクション処理とは

情報を格納するデータベースは様々な用途に使われ、現代では欠かせない技術となっています。
複数のユーザーとの整合性が重要視される用途では、一貫したデータ管理で矛盾を起こさない事が重要です。
インターネットのオンラインゲームは複数のユーザーがそれぞれの行動を行い、アイテムの受け渡しや行動の順番には一貫性が必要になります。
お金を扱う業務ではお金の受け渡しと受け取りの矛盾は絶対に許されないので、トランザクション処理はこうした重要な用途で使われる仕組みです。
全ての処理が流れに沿って矛盾を起こす事無く完了するか、完了しない場合はキャンセルして処理開始前の状態に戻る事が約束されます。
ハードウェアのトラブルにも対応する事が出来るので、トランザクション処理は銀行業務のような用途で必要な存在です。

トランザクション処理のお役立ち情報

現在の処理中に問題が発生した場合にエラーを特定して処理を進めるのではなく、トランザクション処理では前回の処理が正常に完了した状態まで一度に巻き戻されます。
これは処理単位での管理に有効な手法として用いられ、処理が正常に完了した時点のバックアップが取られているのです。
巻き戻し途中のトラブルによる失敗にも対応しており、どの様な状況でも整合性が取れた状態の戻せるのもトランザクション処理の特徴になります。
処理の割り込みを禁止するロックが解除されない状態も想定して、それを自動的に検出して正常な状態に戻せる機能も備えているのです。
トランザクション処理は全ての処理が決められた順番で行われ、一貫性を維持するデータの処理と管理方法と言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績