トリプルメディア

トリプルメディアとは

昨今の日本経済では、消費者需要による景気上昇というテーマに対して、非常に達成困難な状況となっています。それはデフレスパイラルに陥った経済から抜け出すには、経済政策も必要ながら、企業自身がそのデフレ脱却に対して消極的になっている事も事実です。商品に対する実質的な値上げを行うと商品が売れないのではないかという不安要素と、競合他社に勝つための価格競争など総合的に見るとマイナス傾向に捉えてしまっていたからです。そうしたデフレから脱却するために戦略をしっかり立てる時等に活用するのが、トリプルメディアです。それは、末端消費者と企業との接点などを3つのメディアとしてその総称をトリプルメディアと言います。その一つ目は、ペイドメディア(広告)=関心をつくるという意味、オウンドメディア(自社)=理解を促す意味、アーンドメディア(ソーシャル)=共感を得る意味がそれぞれ繋がりを持った時に初めて、成り立つ戦略です。

トリプルメディアのお役立ち情報

日本における経済活動、とりわけ販売活動のマーケティングにおいては、分析力とその性質の理解力が不可欠な事項となっています。その分析等の前提がトリプルメディアの活用となってくるのですが、ペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディアの全く違った視点それぞれが密接に連携した上で、このマーケティング戦略が新たな価値を生みます。現在はそうしたトリプルメディアのマーケティング戦略が企業にも広まり、各企業も具体的なテーマでマーケティング体制を組み込んでいるようです。ここで言うペイドメディアはマスメディアを利用した広告だけではなく、インターネットなどでよく見かけるバナー広告なども含んでいます。こうした3つの特徴をそれぞれ生かす事と更に、それらを結びつける事が、現代マネジメントの大前提であると言えます。従い、戦略としては重要な位置付けになる事を忘れてはなりません。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績