ドミナント戦略(dominant)

ドミナント戦略(dominant)とは

ドミナント戦略(dominant)とは企業が特定の地域に集中して複数の店舗を展開することによって、その地域での高い知名度・シェア率を獲得したり、輸送などに必要なコストを削減することによって大きな利益を上げようとする戦略のことを指します。マーケティングなども一つの地域に集中して行うことができるため高い費用対効果が得られます。ドミナント戦略(dominant)はスーパーやコンビニ、飲食店あるいは家電量販店などの一般消費者向けの小売店において多く採用されます。
ドミナント戦略(dominant)は大きな効果が上げられますが災害などの局地的な被害や、特定の国家内で行われる場合は政治的なリスクが大きくなるという欠点もあります。

ドミナント戦略(dominant)のお役立ち情報

ドミナント戦略(dominant)においてもっとも重要なのは消費者に与える心理的な影響です。世の中には特定の地域やある国家内では有名でもそれ以外では全く無名という企業が数多く存在します。そのような企業はサービスを展開していない地域の人々にとっては聞いたこともない会社であっても、サービスを展開している特定地域では強力なブランド力を確立している場合がほとんどです。
特にチェーン店において消費者はあらかじめ予想できる安定した品質を求めます。ドミナント戦略(dominant)によって地域内のシェアを確立すると消費者の中に企業に対する親しみが生まれるだけでなく、地域それ自体にも差異化が行われます。これが極端な形になるとある地域のソウルフードや国民的飲料と呼ばれるようになり、住民のアイデンティティと結びつきブランドの持つ力はさらに強大なものとなります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績