ナレッジグラフ

ナレッジグラフとは

ナレッジグラフとは、知識(ナレッジ)に関連する事象及び関係性などを表す概念です。ユーザーがどのような情報を求めているかを正確に分析し、検索結果に反映させるセマンティック検索情報を用いて、検索エンジンの検索結果を拡張するために、Googleが使用する知識ベースです。

大変多くの関連性や属性などを示すメタデータにより構造化されたデータベースを参照することで、検索エンジンは、入力された検索キーワードが「何を示しているのか」を理解し、「それに関連する情報は何か」を判断します。その結果を検索結果に反映させることで、ユーザーが求める情報への応答精度を高め、その情報を収集・整理しなくても、欲しい情報を得られるようにするのが、ナレッジグラフの機能です。

ナレッジグラフのお役立ち情報

ネットユーザーが望んでいることは、自分が必要とする検索結果を早く正確に抽出できることです。

そのため、ウエブサイトを運営している側もネットユーザーが求めている情報を正確に提供する必要があります。運営しているサイトが検索に表示されるようにするには、ナレッジグラフを意識し、ユーザーが求める情報への応答精度を高めることができるようなウェブサイトを最適化する取り組みを行えば、より多くのユーザーにウェブサイトを閲覧してもらえることに繋がり、効果が得られます。

ナレッジグラフを有効活用するためには、システムの操作に頭を使うのではなく、ユーザーが検索を行い、求める情報を得る仕組みを理解することに頭を使う必要があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績