ニッチ戦略

ニッチ戦略とは

経済のグローバル化が進む中、中小の企業にとってすきま市場を狙ったニッチ戦略を成功させることは死活問題となっている。しかしながら、せっかく有望なニッチ市場を見つけ一定シェアを獲得できたとしても、体力のある大手に低コスト戦略をかけられ市場から撤退させられているのが現状である。本当のニッチ戦略とは、競合をつくらない無競争市場を作り上げることです。すなわち、商品の徹底的な差別化戦略をとりブランドイメージを創り上げ、低コスト戦略と完全に決別しなければなりません。このように業界全体として見たときのシェアはわずかであっても、ブランド化された差別化商品を武器にすることで大手なども競合が入れない市場を創ることが重要となります。

ニッチ戦略のお役立ち情報

ニッチ戦略の最近の好事例として、ハンバーガー業界モスバーガーがあります。大きなシェアを持つ大手が商品数を少なめにしコストを抑え100円バーガー等の圧倒的な低コスト戦略をとる中、差別化戦略として大手の3倍近いの商品数を揃えます。当然その分コストは高くなりますが、低コスト戦略とは完全に決別します。モスバーガーは、商品数を多くすることで価格は高く成らざるを得ませんが、その分豊富なメニューを取り揃えることで顧客の多様なニーズに応えることができるようになりました。大手が安くてうまい商品づくりに励む中、価格は高いけれど顧客の嗜好に合った商品づくりに励み、モスは高いけれど美味いというイメージを創り上げます。すなわちニッチ戦略の重要なポイントであるブランド化された商品を武器に競合が入れない市場を創りあげました。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績