ニューロマーケティング

ニューロマーケティングとは

ニューロマーケティングとは、脳科学の側面から消費者の心理や行動のしくみを探り、マーケティングに結びつけるという手法のことをいい、「神経マーケティング」と呼ばれることもあります。このニューロマーケティングの具体的な手段ですが、特定の商品に関連した外部からの刺激に対して、消費者の脳波などがどのように反応するかを、MRI(磁気共鳴画像診断装置)をはじめとした検査機器を用いた画像診断などによって分析するというものです。消費者が商品を購買するにあたって、無意識下でどのような意思決定が行われるのかは、アンケート調査などの方法では正確に把握することが困難でしたが、このニューロマーケティングでは、より深い分析を行うことが可能となります。

ニューロマーケティングのお役立ち情報

ニューロマーケティングの一例として、アメリカで行われた実験では、消費者にブランド名を開示した場合、開示しなかった場合のそれぞれについて、清涼飲料のコーラを飲み比べてもらい、その際の脳波を測定したところ、明らかにブランドを開示した場合に前頭葉が活発に反応していたという事例があります。しかも、特定のブランドに対して、よりこのような反応が顕著であったといいます。ニューロマーケティングは、こうした調査を積み重ねることにより、消費者の深層心理に迫り、従来のマーケティングの定説を覆すような大きな発見をもたらす期待がもたれています。その半面、まだ発展途上の分野であるため、マーケティングとしての応用にはコスト面での制約が伴うほか、消費者の無意識に訴えることへの倫理面での懸念もあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績