ハフモデル

ハフモデルとは

ハフモデルは、一般的に消費者がよく訪れる店舗を把握する為に使われる小売商圏を測定する方法であり、店舗で買い物をする確率です。
ハフモデルを使うことで、売り場面積や交通機関・住宅街からの距離によって、店舗に訪れてショッピングを行なう確率を把握することができ、小売商圏として適している土地であるのかどうかを考えることが出来ます。
Webマーケティングでハフモデルを考えた場合には、ネット広告をどの地域に対して集中的に配信するかなどを考慮する時に使われます。
近年では、ネットで注文して、配送センターから各家庭へ商品を届けるといった配送方法が使われています。
配送するエリアが狭かったり、配送時間が短いと売上にも大きな影響を与えます。

ハフモデルのお役立ち情報

ハフモデルを活用したオンラインショップの構築は重要です。
オンラインショップは無店舗である場合と実店舗と連動している場合がありますが、ハフモデルを活用したオンラインショップの構築を行なうと、消費者のニーズに合ったサービス展開を行いやすくなります。
実店舗を持つオンラインショップの場合、全国に店舗を持っているケースが多いので、ハフモデルによって配送エリアを決定していくことが可能です。
配送時間が短くなると、消費者は利便性が高いショップであると感じるようになり、再び店舗で商品を購入してくれるようになってきます。
ハフモデルは、商品を販売して売上を上げていく上で大切な考え方であり、消費者のニーズに合ったサービスの提供が出来る環境を整えていくことが可能になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績