バグフィックス (bug fix)

バグフィックス (bug fix)とは

バグフィックス (bug fix)とは、主にコンピュータプログラムやアプリケーションにおける不具合を調査・修正する行為で、重大なバグの発見や大幅な機能変更が行われた際に必要となってくる作業の1つでもあります。
重大なバグが存在している場合、アプリケーション本体の動作だけでなくシステム全体やセキュリティ面で問題が生じる危険性も高まる為、バグフィックス (bug fix)による修正バージョンの配布が不可欠となります。
不具合はテストバージョンのみに限らず、実際に製品化したアプリケーションから発見される事例も多く存在し、開発者はユーザーから報告を受けて状況の把握を行い、新しいプログラムを配布する事で改善を目指すのが一般的です。

バグフィックス (bug fix)のお役立ち情報

バグフィックス (bug fix)はソフトウェアを使用する事による快適な端末環境の実現に欠かせない存在であり、多くのユーザーから支持され続ける為にも必要な手段の1つです。
近年では、アプリケーション本体をダウンロードし直す方式ではなく、修正箇所のみの上書きを行う目的でパッチもしくはアップデート用プログラムとして公開される方法が主流となっており、従来よりも簡単かつ効率良くプログラムの修正を行える点で優れた技術とされています。
特に大容量のアプリケーションでは修正プログラムの容量も大きくなりやすい為、バグフィックス (bug fix)によって生成された差分パッチをインターネットの利用によって配布する手法が用いられます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績