バックエンド商品

バックエンド商品とは

webショップでの展開商品には大きく分けて2種類あります。それは、フロントエンド商品とバックエンド商品です。まず、フロントエンド商品は、そのショップの集客のために主に価格優先の商品を販売する事であり、バックエンド商品はフロントエンド商品を売った後に、しっかりと利益を計算された商品の販売です。こうしたフロントエンド商品は一般の量販店や小売店で言うチラシ商材のような存在であまり利益がありません。それに比べて、バックエンド商品はそのフロントエンド商品の利益を取り戻すべくしっかりと計算された価格で販売する事が長期にそのショップを運営していく事に必要な考え方でしょう。また、これらのマーケティング戦略は、通常の量販店やスーパーマーケットでも使われている販売手法です。

バックエンド商品のお役立ち情報

商品販売戦略を立てる時には、まずは集客力がある商品を集める事が必要です。その価値は、低価格商品がその代表として考えられますが、その短所は価格競争に巻き込まれる事にあります。webショップでは、今やインターネットで価格比較が簡単にできる時代ですので、もし競合他社よりも高ければそれでその集客は失敗する可能性が非常に高いです。そういった集客を求める商品をフロントエンド商品と言いますが、これとは逆にバックエンド商品が存在します。バックエンド商品は先のフロントエンド商品が完売してから販売する商品の事を言いますが、フロントエンド商品で集客に失敗をしてしまうと、利益をしっかり取れるように計算されたバックエンド商品でも売れなくなる可能性が極めて高いです。従って、それぞれの価格のバランスや量のバランスなど綿密に戦略を立てる必要があると言えるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績