ヒートマップ

ヒートマップとは

ヒートマップとは、サイトのどこがクリックされているかを表したものです。
基本的にはサイト上のどこが比較的クリックされているかを表すもので、赤外線センサーのようにクリックされている場所が多ければ多いほどそのヒートマップは赤くなります。それにより、このサイトのどこがクリックされており注目されているかをチェックすることが出来るものです。最近話題の方法と言えるでしょう。
ヒートマップを使うことで、まずはなんといってもそのサイトのどこが注目されているかが分かります。次に、そのサイトの持ち味や特性などをわかりやすくすることが出来ます。例えば、ヒートマップで注目度が高いとされている場所は、そこに注目している人が多いということなのです。

ヒートマップのお役立ち情報

ヒートマップを用いる際には、専用のシステムが必要になります。というのも、画面上でどのようなところがクリックされているかを知るためには様々な方法がありますが、そのためには既存のHTMLやCSSでは難しいのです。このため、基本的にはスクリプトやAjaxというような専用の物を使うことがあるからです。
ただし、最近はヒートマップを作成してくれるサービスなどもあります。この場合は手順をしっかりと理解した上で利用し、またスクリプトなどのことも把握した上で利用しましょう。また、出来たマップを解釈していき、そこからどのように改善につなげるかの方策も必要になってきます。こちらもぜひいろいろな方策がありますので、試してみるといいでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績