ビッグデータ

ビッグデータとは

現代は、情報化社会と呼ばれます。IT技術の飛躍的な進歩によって、扱われるデータ量も増大してきています。こういった状況の中で、従来のデータと比較して遥かに膨大なデジタルデータについてをビッグデータと呼びます。
ビッグデータという呼ばれ方はあるものの、ビッグデータという決まった形のデータが存在しているわけではなく、また、ビッグデータという明確な枠組みが決定されているわけではありません。社会の色々な部分がコンピュータ化され、それに伴って、管理されるべきデータが増大している状況が顕著であるために、そのような呼ばれ方が出てきたということです。したがって、このビッグデータという言葉は、現代社会の状況を端的に表現した言葉であるという見方もできます。

ビッグデータのお役立ち情報

では、ビッグデータとして扱われるようなものには、どういったものが挙げられるのでしょうか。現代社会は、日常生活の中にIT技術を活用したものが数多く存在するようになって来ました。そういった状況は、年々増大しており、あらゆる情報がデジタルデータ化され、日々利用されているということがあります。
例えば、インターネットによるショッピングサイトというものはとても便利なもので、現代においては利用者が非常に多いものです。こういったものに関連して扱われるデータは膨大です。買い物をする人の情報や扱われている商品の情報などは非常に大きなもので、それがデジタルデータとして扱われているということがあります。こういったものは、まさにビッグデータと呼ばれるべきものです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績