ファーストページビット(First Page Bid)

ファーストページビット(First Page Bid)とは

ファーストページビット(First Page Bid)とは、検索エンジンが提供しているリスティング広告において、検索結果の1ページ目に広告を掲載するためにどれだけの入札価格が必要とされるかを推計値として表したものです。英語表記を略して「FPB」とされることもあります。「ファーストページビット(First Page Bid)」という用語は、主にGoogleのリスティング広告の管理画面で用いられており、Yahooの場合は「1ページ目の掲載に必要な入札価格」として管理画面上で案内されています。このファーストページビット(First Page Bid)は、ページやキーワードの品質、キーワードの入札状況などの要素によって決定されています。

ファーストページビット(First Page Bid)のお役立ち情報

特定のキーワードでリスティング広告を出稿したのにもかかわらず、自社の広告が掲載されていないという場合には、さまざまな理由が想定されますが、そのひとつとして、キーワードへの入札価格がファーストページビット(First Page Bid)を下回っていることが多くみられます。このような場合、管理画面上にアラート(警告)が表示されますので、もし検索結果の1ページ目に広告を表示したければ、入札価格を引き上げて対応するようにします。なお、ファーストページビット(First Page Bid)は、あくまでも検索結果の1ページ目に表示されるために必要な金額ですので、この金額を下回ったとしても、2ページ目以降には表示されている可能性はあります。ただし、1ページ目と比べるとユーザーが広告に触れる機会が減ることは否めず、効果の点からは疑問があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績