フォード効果

フォード効果とは

私達の生活が豊かになると、コーヒーやおもちゃなどの生活に必要でないものにお金を使うようになります。すると生活に必要のない嗜好品が売り上げが伸びていくことになるので町の商店では売れるようになった嗜好品を売るようになります。流行や購入傾向を取り入れて嗜好品を扱う商店が増えると逆に日常生活に必要なものを扱う商店が減っていってしまいます。これをフォード効果といいます。イギリスの科学者フォードが20世紀前半、イギリスにある都市の商店数を調べた結果、このように商店が売っているものに注目をしたところ商店で販売している商品が変化していくという法則性を発見しました。
発見者の名前を取ってフォード効果と呼ばれています。

フォード効果のお役立ち情報

フォード効果を知っていると、日本の景気がよくなっていくのであれば嗜好品を中心に販売する商売にシフトしていこうと思うのですが、実際は近年の日本に必ずしも当てはまるかと言ったらそうではありません。
フォード効果に当てはめてみてみると食品を扱った商店は昔と比べて減っています。これは昔と比べて豊かになっていますし、大型のスーパーが市場に参入していて大量に販売しているからだということが見えます。
しかし、嗜好品を扱う店舗が増えたかと言ったらそういうことはありません。ほとんどの嗜好品を扱った小売業の店舗は減少している傾向にあります。なので、嗜好品を扱う店舗が増えるというフォード効果の部分は当てはまらないこということになります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績