フラットデザイン

フラットデザインとは

近年、多く見るようになったレイアウトデザインにおけるトレンドの一つにフラットデザインがあります。
フラットデザインとは、比較的利用されやすいグラデーションやシャドウ効果などを使わず、いわば平面をメインとしたデザイン手法です。立体感がなく、過度な装飾のないシンプルな作りで、文字も最小限であるという特徴があります。
これらの条件を含み、目的や内容がひと目で分かるよう設計されたデザインがフラットデザインの基本となっています。
この手法において、最大の課題は目を奪い心をつかむ事にあります。
シンプルな画面だからこそ、アピールしたい商品を強く見せる。そういった、戦略的な導入が必要不可欠です。
ただ漠然とシンプルさを追求するだけではインパクトがなく、ユーザを引き止めることはなかなか難しくなってしまいます。

フラットデザインのお役立ち情報

フラットデザインでは、原色を用いることが多いです。
パステルカラーやセピアなど優しい雰囲気を抱かせる配色は、強くインパクトを与える事ができません。
広い面積にキーとなる色をもったり、要素同士の区分がはっきりと分かる色使いをすることにより、
ユーザにインパクトを与える事ができます。
それに加え、ひと目で分かるデザインを順守することにより、視覚からの情報量が絞られより多くの効果を期待することができます。
インパクトを与え、興味を抱かせる。そして、ユーザの視線を誘導していくことにより伝えたいメッセージを強くアピールすることが可能です。
道路標識や工事の看板などのデザインは、フラットデザインの元祖とも言えるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績