フリークエンシーキャップ

フリークエンシーキャップとは

フリークエンシーキャップはコンテンツネットワークにおける広告で特定の利用者に表示する広告の回数をフリークエンシーキャップの設定で指定することをいいます。ディスプレイネットワークで同じ利用者に対して広告が表示される回数を制限できます。フリークエンシーキャップのフリークエンシー、これは、利用者が広告を見ることができる平均的回数のことを意味しています。フリークエンシーキャップを使えばディスプレイネットワークでは個人の利用者に対して広告を表示する限度の数を管理することができるのです。キャンペーンで行うこともあるかと思いますが、その際は表示回数上限は1日や1週間、1ヶ月といった単位で設定することができるでしょう。

フリークエンシーキャップのお役立ち情報

フリークエンシーキャップは日本よりもやはりアメリカの方が進んでいます。インターネット広告の効果を測定する専門機関があるのですが、これにおいて表示頻度を適度に抑えることによって利用者の不快感を抑えることにもつながりますし、逆に購買意欲を高める効果もだされることがわかりました。フリークエンシーキャップで適度な表示頻度に押さえておけば、利用者はしつこいとか何度も嫌だという感情を持たずに商品を購入する経緯に至る可能性が高いのです。ですから、販売戦略としてこの手は有効でしょう。広告単位でも設定をすることができるので、この広告は何回、この広告は何回といったような設定の仕方をすることもできるということになります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績