フリークエンシー(Frequency)

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)、これは周波数のことをいいます。インターネットの広告に対してのひとりあたりの利用者の接触頻度のこともこのようにいいます。フリークエンシー(Frequency)は一定の期間中に現象が反復される際にその回数の事を言うのですが、データ通信に使用される電波、コンピューターの回路の中において利用されている電気信号の周波数の事を言うこともあります。マーケティングにおけるフリークエンシーは同じ広告に不特定多数の利用者が接している頻度の意味合いの方が強いかもしれません。この頻度についてはリーチという専門用語で呼ばれることもあります。広告は効果的に表示しなければ広告を出す意味がないかもしれませんので重要なことです。

フリークエンシー(Frequency)のお役立ち情報

フリークエンシー(Frequency)における広告、商品の特性がはっきりとわかるということは広告に対しての効果にももちろん違いが現れてきます。広告、その商品の特徴や内容がわかりやすくてはっきりと明確になっているのであればあるほどに、誰に見せるリーチの方が効果が現れるという結果が出ています。では反対に広告の内容がよくわからない場合には、理解することが期待できるかも知れないので、フリークエンシー(Frequency)の方が効果が出るのかもしれません。どちらにしてもどのような戦略で行くのかによって広告表示に関しては違いがあるかと思いますが、じっくり理解してもらいたいのならフリークエンシー(Frequency)という方法で接触していくということになるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績