フレームページ・フレームサイト

フレームページ・フレームサイト とは

フレームページ・フレームサイトとは、htmlのフレームタグを用いて、1つのウィンドウのなかで2つ以上の複数のウェブページが表示されるようにしたものをいいます。例えば、ウィンドウの左側部分にサイトのメニューを掲載したページを固定しておき、右側部分にそのメニューに応じたコンテンツのページを表示させる、といったものがフレームページ・フレームサイトに該当します。ウィンドウを左右の2つの部分に分割するだけではなく、上、左、中、右、下といった、さまざまな部分への分割が可能です。この機能を適切に活用することによって、ユーザーをメニューから適切なコンテンツのあるページに誘導したり、本文中の用語の注釈などの補足的な項目を別のフレームを使って表示したりといった、サイト構成上の工夫が可能となります。

フレームページ・フレームサイト のお役立ち情報

フレームページ・フレームサイトは、1つのウィンドウに複数のページを表示するため、ウィンドウの幅を大きめに設定しなければならないという制約があります。このため、どうしても大画面のパソコンを対象とした固定的なウェブサイトとならざるを得ず、携帯電話やスマートフォンからサイトを閲覧するユーザーにとっては、スクロールすることさえ難しい、非常に見づらいサイトとなってしまいます。そもそも旧式のブラウザでは、フレームページ・フレームサイトを適切に表示する機能がないものさえあります。また、フレームページ・フレームサイトは、ウィンドウに表示される複数のページが一体となってはじめて効果を発揮するものですが、検索エンジンで検索をした場合に、フレームを構成しているページが別々に検索結果として表示されるケースが多く、期待した効果を果たさないという欠点があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績