フロントエンド商品

フロントエンド商品とは

webマーケティング用語としてのフロントエンド商品は、集客力のある商品で顧客を集める商品の事を言います。このフロントエンド商品は価格が安い商品が多くそれほど利益がない事が殆どです。しかし顧客を集める事により顧客リストの獲得やショップでのファンを作るために必要な商品です。購買意欲を高める商品を基本とし、しかも同ショップでの次のリピート購買や他の商品を購入していただければ、ショップとしても後で利益を得る事ができると言った長期的な視点に基づくものであります。こうしたマーケティング手法は、webだけではなく通常の量販店やスーパーマーケットなどでも使われる手法で、一般的にはチラシ商材などがそれに該当します。

フロントエンド商品のお役立ち情報

web上のマーケティング用語でもあり、実際の店舗での用語でもあるフロントエンド商品は、価格優先で購買力の高い商材となるわけですが、経費を考えれば赤字での販売と言った事もよくあるようです。しかしwebショップの場合では、経費が実際の店舗よりも少なく、そういった面からの見地では価格の勝負がしやすいようです。しかし、このフロントエンド商品の一番の問題は、価格競争に巻き込まれる事です。最近では、個人利用者も当たり前のようにインターネットを使用しますが、価格比較のサイトなどもあり、他社よりも高ければ、売れにくいと共に信用の失墜にも繋がってしまいます。またこうしたフロントエンド商品の完売後に利益の取れる商品の事をバックエンド商品と呼びますが、その商品と合わせて利益をいくら出せば良いのかがショップ運営の鍵となってくるのです。そうしたフロントエンド商品とバックエンド商品の使い分けが大切だと言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績