フローティングメニュー

フローティングメニューとは

Webページにはある程度決まった構造が有り、読み易さを考えられてデザインされて行きます。
メニューは各項目にアクセスする手段で、目に付き易い場所に配置されます。
画面の表示領域には限りが有りますし、Webブラウザも常にフルスクリーンで表示されているとは限らないのです。
限られた表示領域に情報を詰め込む必要が有るので、横幅の固定やWebブラウザのウィンドウサイズにあわせた可変表示が行われます。
フローティングメニューはスクロールしても画面に存在し続けるメニューで、メニュー項目のアクセスの為に画面をスクロールする必要が無くなるのです。
代りにフローティングメニューを使用しない場合も表示されるので、その他の表示領域が使われ狭くなります。

フローティングメニューのお役立ち情報

デザインは見易く印象に残る構造が大切で、Webページを利用する人に配慮された設計が必要です。
フローティングメニューはWebページ内で迷う事が無くなりますし、常に固定された表示を部分的に行う事でデザインの幅が広がります。
常に画面の目に付く場所に存在し続けるので、フローティングメニューが視界に入り利便性を低下させる場合も有ります。
利用者の事を考えて設計しても逆効果になっては困るので、大き過ぎず目立ち難いデザインが大切になるのです。
Webページのデザインは常に進化していますから、今後もフローティングメニューを含めた表示方法は変化し続けると考えられます。
画面に情報を詰め込み過ぎると読み辛くなるので、フローティングメニューを使う場合は全体のバランスを取る必要が有ります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績