フローティング広告 (floating advertisement)

フローティング広告 (floating advertisement)とは

通常のインターネット広告では、バナー広告や動画広告など、サイト内の特定の場所に配置して、訪問者に閲覧してもらうものが殆どです。
これだけでもインパクトがあれば十分な効果が期待できますが、さらにインパクトの強い見せ方のできる、フローティング広告 (floating advertisement)というものも存在します。
フローティング広告 (floating advertisement)はサイトの特定の場所に留まるのではなく、まるで浮遊するように画面を動き回るという特徴を持っています。
表示させる広告は自動的に動かす以外に、オンマウスで反応したり、音声を組み合わせることも可能です。
サイトの上に表示されることから、オーバーレイ広告とも呼ばれることがあります。

フローティング広告 (floating advertisement)のお役立ち情報

フローティング広告 (floating advertisement)のインパクトの強さを証明するように、クリック率が比較的高いという過去のデータがあります。
しかし、フローティング広告 (floating advertisement)を作成するには作業時間がかかったり、コストがかかるなどのデメリットも考える必要があります。
また、設置の仕方によっては、訪問者がサイトの情報を閲覧する際に邪魔であるといった、相手に不快な思いをさせてしまうケースも珍しくはありません。
ですが、上手に設置すれば高い効果の望める広告といえますので、サイトに設置する場合には、訪問者の利便性を第一に考え、閲覧の邪魔にならないように、広告へと誘導する仕組みを作ることが大切になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績