ブラックハットSEO

ブラックハットSEO とは

ブラックハットSEOとは、検索エンジンが推奨しない方法によって、ウェブサイトやウェブページを検索エンジンに上位表示させることです。GoogleやBingといった検索エンジンは、良質なリンクがどれだけ張られているかによって、そのウェブサイトを評価して、上位表示します。そこで、ブラックハットSEOではリンク業者からリンクを購入したり、自前の被リンク用サイト(サテライトサイトなど)を用意することで、人為的に検索エンジンからの評価を高めて、上位表示を目指します。ただしこのやり方は検索エンジンがスパム(不正行為)とみなすおそれがあり、ペナルティーを受けて順位が落ちたり、インデックスから削除される危険性もあります。

ブラックハットSEO のお役立ち情報

SEOは本来、良質なコンテンツを作成することで、自然なリンク(ナチュラルリンク)を集め、上位表示するのが理想です。これをホワイトハットSEOと呼びます。しかし、実際にはナチュラルリンクを集めることは非常に難しく、サイトを制作してもまったく上位表示されないことは珍しくありません。そこで、上位表示させるために有料リンクや自作自演のリンクを使うほうが、かえってコストや時間の面で有利ということもあるのです。ただしGoogleはこうしたブラックハットSEOを検知するためのアルゴリズムを常に改良しており、たとえばペンギンアップデートは不正なリンク操作を取り締まるためのアルゴリズムだといわれています。ただしブラックハットSEOを行う側にも言い分はあり、良質なコンテンツを作っても必ず上位表示されるわけではないので、やむなく行っているという側面もあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績