ブランドロイヤリティ

ブランドロイヤリティとは

「次に買う時もこのブランドを」と、特定のブランドに愛着を持っていることはないでしょうか。それが「ブランドロイヤリティ」と呼ばれるものです。「ロイヤリティ」は愛着・執着のことです。ある人が、選択の余地があるにもかかわらず同じブランドを買い、それによってその人はなんらかの満足を覚えている状態です。当初は購入の動機としてブランドの性能的・品質的な面もあるでしょうが、徐々に心理的な満足の面が大きくなってきます。ですから、ある人があるブランドにこの心理状態を持っているかどうかは、単純に購入回数では決められない面があります。選択の過程で、価格を比較した結果そのブランドを購入している場合、ブランドロイヤリティには該当しないからです。

ブランドロイヤリティのお役立ち情報

あるブランドのユーザーには「ロイヤルユーザー」「一般ユーザー」「潜在ユーザー」の3つの種類があると言われています。「ロイヤルユーザー」はブランドロイヤリティを持っているユーザーで、ほとんど他のブランドを購入することはありません。人数的にはこのユーザーは2割程度ですが、常に購入するので、利益の8割を生み出すとさえ言われています。つまり、ブランドロイヤリティを持ったユーザーがいかに多いかによってそのブランドは「強い」ものになるのです。
 「一般ユーザー」は、どのブランドを購入するかは決まっていない層です。この人達が買った時に満足度を持たせ、魅力を伝えることによってロイヤルユーザーにできるかどうかがそのブランドの重要な点です。また、「潜在ユーザー」がなぜ自社のブランドを選んでくれないのか、という研究も同様に重要です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績