プライバシーマーク

プライバシーマークとは

プライバシーマークとは一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、個人情報を適切に取り扱うことのできる企業や団体(事業者)を審査し認定する制度でPマークとも呼ばれています。

認定を受ける条件として、日本工業規格(JIS)のJIS Q15001個人情報保護マネジメントシステムに適合していることとしており、消費者に対する企業の個人情報保護の取り組みに関する信頼商標となっています。

認定についてはJIPDECによる現地立ち入り調査を行い、厳密に審査を行うことになっています。また、認定については2年間の使用期間があり、更新の場合も再度更新審査を受ける必要があります。

組織的な違反企業については、プライバシーマークの使用禁止と2年間のJIPDECのホームページに違反企業公開等の制裁措置も講じられている。

プライバシーマークのお役立ち情報

プライバシーマークは企業の個人情報保護取り扱いに関する登録商標となるため、主体となる日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)により厳しい管理と運営が求められています。

しかし、プライバシーマークを使用していても個人情報漏洩などの事由がなくなるわけではありません。

近年の事例で挙げれば株式会社ベネッセコーポレーションの顧客情報の漏洩などが挙げられます。実際には委託先による個人情報の漏洩が原因となっていますが、この委託先はプライバシーマークは認定されておりませんでした。個人情報保護については、下請け企業についての責任もあることが示された事例と言えます。

JIPDECにおいて、最も重い制裁はPマークの使用禁止ですが、最近の傾向では次に重い措置の業務改善命令が優先されるため、ベネッセについても同様の制裁となると考えられます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績