プラグイン

プラグインとは

プラグインとはWebブラウザを始めとした各種ソフトウェアにおける拡張機能をサポートする技術の一種であり、小さなプログラムもしくは外部機能を呼び出すサブルーチンのプログラムコード部分を指す名称です。
一般的には定められた規格を満たしていれば差し替えが容易なプログラムとなっていて、使用するプログラムやソフトウェアに対応したプラグインが数多く開発・提供されています。
使用例としてはブラウザ上に埋め込む形で、メディアプレイヤーやフラッシュといった映像・音声関連のコンテンツを再生させたい場合に使われているものが挙げられ、ホームページでこれらの使用を促されている場合、閲覧者側は必要なプラグインを導入する必要性が生じます。

プラグインのお役立ち情報

プラグインは単体で動作するプログラムと異なり、対応したソフトウェアと外部機能を繋ぐ役割として用いられた場合に初めて機能するものとなります。
現在では不特定多数の利用者が共通のソフトウェア及び外部プログラムを用いる場面において、コンテンツの提供を簡略化させる手段の1つとして広く普及しています。
また、ソフトウェアの開発企業からだけでなく、外部のユーザーが開発・提供している場合も多くあるので、セキュリティ面を考慮しつつ信用できる機能であるかを確認した上で導入する事が大切です。
動作に関しては個人の環境にも依存する影響から、プラグインを導入する事で外部機能に不具合が生じたり、プログラムそのものがクラッシュしてしまう例も存在しています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績