プログラマティックバイイング

プログラマティックバイイングとは

人々のニーズは常に変化していて、広告の内容がマッチしなくては宣伝効果が低いのです。
プログラマティックバイイングはデータに基づいてリアルタイムで行われる広告枠の買い付けで、自動的に取引が行われる方式を言います。
広告枠がオークションタイプの取引方法の場合に、プログラマティックバイイングが活用されるのです。
取引と表示にはリアルタイム性が求められるので、広告枠もリアルタイムでの取引を行える事が条件になります。
人物のタイプや状況にあわせた広告を見せる事で、プログラマティックバイイングによる広告はリアルタイム性を発揮して価値を高められるのです。
状況や行動にあわせて広告の表示を行う事が可能となり、より宣伝効果の高い手法として注目されています。

プログラマティックバイイングのお役立ち情報

プログラマティックバイイングによる広告枠の買い付けは従来とは異なり、決められた広告枠に広告を表示するスタイルよりも効果を高めます。
現在の位置情報や気温と湿度を結び付ける事で、リアルタイム性を活かして今欲しい物を予測し広告を出す事が可能です。
Webでの行動データから次の行動を予測する事も出来ますから、プログラマティックバイイングは柔軟性の有る広告の手法と言えます。
潜在的な需要は状況により常に変化して行きますし、リアルタイムで広告を見せるプログラマティックバイイングの登場は当然と考えられるのです。
季節の様なスケールの大きい変化も宣伝には大切な要素ですが、短時間の内の変化も大きく重要な要素と言う事が出来ます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績