プロダクトアウト

プロダクトアウトとは

日本の高度成長期を支えた技術革新は、現在の日本の姿を作り上げた土台となっています。過去の工業を含めた産業があったからこそ、今の日本があります。そうした過去を支えた技術は日本にとっての誇りであり、技術中心の経済が存在しました。プロダクトアウトと言うのは、その企業の技術を中心に何が作れるか、何を作るかというその企業独自のコア技術を生かして大量生産をする事を言います。そうした、大量生産大量販売が通用していた社会には適応していましたが、このプロダクトアウトに対して現在のように何を作れば売れるかさえはっきりせず、お客様ニーズの多様化について行ける企業が今後生き残ってくると思われます。それは企業のその技術に対して市場は何を求めているのかと言う事を優先に更なる技術開発を行うことをマーケットインと呼ばれます。

プロダクトアウトのお役立ち情報

日本経済の根源とも言える、工業を含めた産業はとにかく日本製と言う事で、品質に拘った良い物を作れば売れるという当たり前とも思える時代が高度成長期からバブル崩壊までの長い間での神話論がありました。それこそプロダクトアウトの社会であり、コア技術を大切にしてきました。しかしバブル崩壊と共に消費者感覚が完全に多様化し、プロダクトアウトの概念で作られた商品は受け入れられなくなってきました。そこで企業はバブル崩壊後の時代を生き抜くためにそうしたプロダクトアウトという概念をやめる動きが出現し、市場のニーズをお客様目線で検討し、更に技術の確立にチャレンジすると言った発想が出てきました。これをマーケットインと言いますが商品群によってはプロダクトアウトの概念に沿ってコア技術が必要な商品もあり、そこはその商品の市場性をしっかり分析し、自社がどちらの方向を進めていけば良いのかを問われている時であると言えるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績