プロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)

プロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)とは

日本高度成長期から製造という部門が活躍してきて、そこには最終的に商品と言う形で世に生まれてきました。それはもちろん今でも成り立っていますが、逆に現代では物があふれ返り新商品で爆発的に売れると言う事が難しくなってきています。それだけに独自の技術力を駆使した、また他社商品と差別化しなければなかなか市場では売れません。そうした大変販売が難しい時代ですが、商品にも人生がありそれを示したのがプロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)です。このプロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)は導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの時間軸からできています。それは横軸に時間軸、そして縦軸に利益軸を置き、導入期は商品を見せ、成長期は販売利益が増え、成熟期は安定から下降気味、衰退期は商品が無くなっていくといった推移となります。こうした事が繰り返されて次々と商品化されるのです。

プロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)のお役立ち情報

プロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)は、それぞれどのような部門の商品を示すのかで変わって来る傾向にあります。またこのプロダクト・ライフサイクル(Product Life Cycle)の特徴として3つ上げる事ができます。発売と共に購入状況が好調な場合、一旦は販売量も落ちていってしまいますが、その後はじめて購入する方と、最初に購入した方のリピート購入として再度販売量が維持される期間を保つ時があります。また、商品の発売時期と共に宣伝活動を行い、それに伴い販売量も好調ですが宣伝をやめると販売量が落ち始め、再度宣伝する事によって販売量が上がるパターンもあります。最後は消費者が新たな利用方法を発見した時等に、販売量が伸びたり落ちたりを繰り返す場合もあります。このように人間と同じく商品にも寿命があり、それがまた新しい発想や技術を生み、それらを繰り返して経済発展が成り立つのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績