ベンチマーキング(benchmarking)

ベンチマーキング(benchmarking)とは

ベンチマーキング(benchmarking)とは、競合他社や優れた企業と自社の実力を比較分析する手法です。使用する場合は、自社の実力とのギャップを分析し、数値目標を設定しそのギャップを埋めて企業改革を行う時に有効です。
また、ベンチマーキング(benchmarking)の種類には、内部、競争的、業界、包括的の4種類があります。
「内部」は、組織体の他部門やプロセスそのものに着眼します。「競争的」は、同一業界内の競合他社が対象です。「業界」は改善のターゲットとなる業界全体の指標を使用します。「包括的」は、特定の業務プロセスを他の業界において類似の特徴を持つプロセスと比較します。このように、ベンチマーキング(benchmarking)を使用する場合には、4種類を目的に応じて使いわけが必要です。

ベンチマーキング(benchmarking)のお役立ち情報

一般的に、ベンチマーキング(benchmarking)の実施には、コストがかかります。コストは、訪問、時間、ベンチマーキング・データベースの3つに分類されます。
「訪問」 は、 宿泊費、旅費、食費などです。また通常業務が滞ることによる損失などもあります。「時間」は、 研究対象とすべき企業を訪問し、その結果を実行に移すことに時間を費やすことです。 「ベンチマーキング・データベース」では、 ベンチマーキング(benchmarking)を日常業務の一部として制度化する組織が、データベースを作成し保守することです。
コストをかけて実施する価値が十分にあると考える企業が多いですが、近年ではベンチマーキング(benchmarking)のコストは、インターネットに掲載されている様々な情報を活用することで大幅な削減が可能です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績