ページランク(PageRank、GooglePageRank)

ページランク(PageRank、GooglePageRank) とは

ページランク(PageRank、GooglePageRank)とは、googleの検索結果に影響しているアルゴリズムです。
それぞれのサイトを0から10の11段階にランク分けしたもので、ランクが高いほど重要度の高いサイトとして検索時に優先されやすくなります。よってSEO対策の目安の一つになります。
googleツールバーやページランクを調べることのできるサイトで知りたいページのページランク(PageRank、GooglePageRank)を調べることが出来ます。しかしこれは最新の情報ではなく、ランクが更新される前の古いものが表示されるため、あまり意味はありません。
名前の由来はgoogle創設者のラリー・ページから取ったもので、ウェブページともかけています。

ページランク(PageRank、GooglePageRank) のお役立ち情報

ページランク(PageRank、GooglePageRank)で重要視されるのは主にリンクです。同サイト内での「内部リンク」や外部サイトから受けた「被リンク」が対象になります。
内部リンクは前後の文章も見られるので、きちんとした内容と関連性の高い記事である必要があります。少ない文量のものは対象外になります。リンクのキーワードとリンク先の内容が一致しているかもチェックされます。
ランクは内部リンクより被リンクの方が重要視されます。発リンクのランクが高いほど、またリンク数が少ないほどその効果は高くなります。ランクが高い=信頼度が高いので評価が上がり、リンク数が多ければ相互リンクやリンク集の可能性が出るため評価が下がるからです。
ページランク(PageRank、GooglePageRank)はSEO審査の一部であって、これが評価の大きな割合を占めるわけではありません。しかし高い方が良いのは事実です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績