ページ滞在時間

ページ滞在時間 とは

Webマーケティングでは、収益力の高いWebサイトを作り上げる為に、様々な指標を参考にしてWebサイトを調整していくことが重要になってきます。
ページ滞在時間は、Webサイトにアクセスしたユーザーが各ページに滞在した時間のことです。
ページ滞在時間が長いということは、ネットユーザーにとってWebサイトは価値があるということを表しています。
ページ滞在時間の長さによって、どのページが注目されているかを知ることも可能です。
複数のページを用意して効果の高い方を残しておくABテストでは、ページ滞在時間によって効果を確認し、効果の高いページだけを残すことで集客力のあるWebサイトを構築していくことが出来ます。

ページ滞在時間 のお役立ち情報

オンラインショップなどは、集客力が無いとコンバージョン率を上げることは難しいです。
コンバージョン率を上げていく為には、商品を必要とするターゲットに対して商品をアピールして、商品を購入してもらう機会を増やしていくことが大切になってきます。
商品やサービスを紹介するページにおいて、ページ滞在時間が長いということは、それだけ商品に興味を持ってもらっているという表れにもなります。
ページ滞在時間が増えるようにサイト設計を行っていくことは重要であり、SEO対策にも繋がってきます。
ページ滞在時間を延ばす為には、魅力のあるコンテンツ作りが必要であり、キーワードを含んだ適切な文章と美しくて見やすい写真の掲載などをバランスを考えて調整していくことが有効です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績