マス・マーケティング(Mass marketing)

マス・マーケティング(Mass marketing)とは

マス・マーケティング(Mass marketing)とは、対象を限定せずに全ての消費者に対して単一、大量なマーケティングを行う手法のことをいいます。
この手法はテレビや新聞といった従来のマスメディアの普及に伴って誕生したもので、そうしたメディアへ大量の広告を投入し、それに併せて製品の大量生産と大量販売を行うシステムで成り立っています。
マス・マーケティング(Mass marketing)は既に市場における大きなシェアを確保している場合や、ブランドに一定の認知度があり、今後の市場におけるシェアの拡大が見込まれる場合などでは有効なマーケティング手法であるため、かつては代表的なマーケティングの手法となっていましたが、近年では消費者のニーズも多様化しているため、その有効性は低下しつつあると考えられています。

マス・マーケティング(Mass marketing)のお役立ち情報

マス・マーケティング(Mass marketing)が抱える最大の問題点としては、費用対効果が見えづらいことが挙げられます。
これは、大手のマスメディアを通じて広告を展開する場合には莫大なコストがかかる反面、不特定多数の消費者を対象とした広告の場合は実際にどの程度の売上増に繋がるのか予測できないのが理由です。
そのため、近年ではより効果的にブランドの知名度を高めたり、消費者に商品の購入やサービスの利用を行ってもらうため、従来のマス・マーケティング(Mass marketing)ではなく、インターネット上で対象とする消費者を絞り込んでマーケティングを行う手法が広く行われるようになっており、こうした特定の消費者を対象としたマーケティングの手法はダイレクトマーケティングとも呼ばれています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績