マッシュアップ

マッシュアップとは

多くの企業では、企業が所有するデータを使用してWebプログラミングで使用出来るように、Web APIが用意されています。
Web APIを複数組み合わせて、新しいWebサービスを構築することをマッシュアップと言います。
マッシュアップを行なうことで、ハザードマップなどのWebサービスを構築することが容易になり、JavaScriptなどで一からシステムを構築する手間を省くことが可能です。
企業が提供するWeb APIの種類としては、地図情報やSNSで取得するビッグデータや写真共有サイトでの写真データなど様々なデータを活用していくことが出来ます。
マッシュアップを活用したWebプログラミングは、現在ではポピュラーなものになっています。

マッシュアップのお役立ち情報

マッシュアップを行っていくことで、Webプログラミングにおいてデータ収集作業を最小限に留めて、他のロジック部分に集中出来るというメリットがあります。
マッシュアップは、ビッグデータを活用したWebアプリケーションを構築する上で密接な関係があります。
企業がビッグデータをWeb APIとして提供することで、他の企業や個人はビッグデータを活かした個性的なWebアプリケーションを構築していくことが可能です。
マッシュアップを活用したWebアプリケーションは、アイデア次第で非常に幅広いタイプのアプリケーションを制作していくことができ、ビッグデータを使った部分はデータベースの管理を行なう必要が無いというメリットもあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績