ミラーリング

ミラーリングとは

ミラーリングとは、通常、相手の行動を自分が鏡、すなわちミラーのようにして合わせて動作することを指します。ただ、コンピュータにおいてのミラーリングは、複数のファイル・ディレクトリを別の記憶媒体(ストレージ)に全く同じ構成で複製すること、もしくは、複数のディスプレイに同じコンピュータからの画像を送ることなどによって、同じ画面を表示することを指します。後者は複数の人間が同じ画面を見る必要がある時、すなわち会議などで用いられ、前者はディスク障害が起こった時のバックアップなどに用いられます。また、Webサイトをミラーリングする場合もあり、その場合は過去の記録の保持、サーバへの負荷分散などといった目的も加わります。

ミラーリングのお役立ち情報

ミラーリングを行う利点は、その定義にもかかりますが、「そっくりそのままディレクトリ構造をバックアップできる」ことにあります。たとえばハードディスクが壊れるなどして、元のディレクトリの内容が失われた場合も、別のディスクにミラーリングを行っていたならば、元の環境に近い状態で復帰する大きな助けになります。その点で言えば、バックアップとしてミラーリングを行うことは非常に役に立つことであるといえるでしょう。
また、一度ミラーリングを行ってしまえば、その後もう一度同じディレクトリのミラーリングを行う際には、前の時点からの変更点を差分として写しとるだけで、バックアップが完了します。こうすることで、バックアップにかかる時間などを減らすことが出来ます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績