メタディスクリプション

メタディスクリプション とは

メタディスクリプションは、個々のウェブページにおいて、htmlのmetaタグで囲われた内部に書き込まれる、そのページの概要や説明を内容とする短いテキストのことです。このメタディスクリプションは、ウェブページをブラウザで開いたときに直接画面に表示されるものではなく、省略しても何ら問題のない要素です。また、このメタディスクリプションを記載したからといって、検索エンジンで特定のキーワードを検索したときに、ページの表示順位が上昇する効果はあまり期待できないものといわれています。ただし、一般には検索エンジンの検索結果の概要として、ページのリンクとともに表示されることが多いことから、ページの内容を示す適切なテキストを記載すれば、クリック率をアップさせる効果は期待できるとされています。

メタディスクリプション のお役立ち情報

メタディスクリプションは、検索結果が表示される順位には直接的には結びつかないものの、多くの検索エンジンではページの概要として表示されることになるため、最適化することが望ましい要素であるといえます。検索結果に表示される文字数としては、最大でも120文字を超える程度であり、それ以上のテキストを記載しても省略されてしまうため、一般的には120文字程度以内で、本文に関連のある特に強調したいキーワードを2ないし3か所程度盛り込むのがよいとされています。また、メタディスクリプションとしてウェブページ全体ですべてのページに同じ内容のテキストを用いると、検索エンジンが重複と判断し、ページのランクが下がってしまうため、個々のページごとに異なるテキストを用意して記載するのがよいとされています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績