メタデータ

メタデータ とは

メタデータは、検索データを集約したものです。情報は文書で著者名や作成日などに加え、キーワードなどを含める事が多く、画像を撮影してファイルとして保存した場合は、その画像についてのメタデータが作成される事が一般的です。これらのファイルや画像をアップロードする際には、そのときに登録したタグも、このデータに分類されます。
このメタデータの目的は、検索データの性質を把握する為のもので、それぞれの検索結果にこれらのデータを含めるのは問題があるので、検索が行いやすいようにデータ処理を施していく事になります。この加工されたデータを検索用に準備しておくことで、個々のユーザーが特定の情報を、より検索しやすいようになります。

メタデータ のお役立ち情報

このメタデータの役割は、特定の情報を読みやすくするもので、検索した情報の内容が瞬時に把握できるというポイントがあります。また、メールなどで用いられるメタデータは、送受信者に関連する特殊なデータだけではなく、経由先や送受信の時間なども盛り込まれることになり、様々なデータがメタデータの中に記載されているのです。
これらのデータの種類によっては、読み取る際に専門的な技術が必要になることもあります。これらのデータは自動的に挿入されるデータもあり、データの作成した日時に加え、作成者やファイル形式なども盛り込むことができ、関連するワードなども追加する事で、よりその内容を短時間で把握出来るようになっているのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績