メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)

メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)とは

メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)とはアメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱した法則です。
内容としては「対面した相手に何かの影響を与えるという場合、それは発する言葉よりも表情や口調のほうが強い影響を及ぼす」というものになります。
このメラビアンの法則(the rule of Mehrabian)では人に対して与える影響を7%、38%、55%の三つの数字で表すことができるとされています。
7%が「会話の内容」、38%が「声のトーン」、55%が「表情や体の動き」ということになっています。
つまり、メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)では消費者に対してより好意的な印象を持ってもらいたいのであれば、話の内容のみではなく声や表情、ボディランゲージといったものにも気を配るべきであるということになるのです。

メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)のお役立ち情報

メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)はその名前が非常に有名になっていることから、本来の意味とは異なる意味で誤用されてしまうことも増えています。
中でも特に注意したいメラビアンの法則(the rule of Mehrabian)の誤用が「見た目が重要だからボディランゲージを重視しろ」というようなことや「話の内容が疎かであってもその他で十分にカバーできる」というようなことです。
そもそもメラビアンの法則(the rule of Mehrabian)が提唱されるに至った実験では、被験者に対して「好意的にも否定的にも取れるメッセージを送る」という前提があります。
その結果、より表情・ボディランゲージを使ったほうが「好意的に受け取ってくれる被験者が多かった」ということになったわけなのですから、先に挙げた誤用の例のようにはならないということに注意が必要なのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績