ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、障害の有無や年齢などにかかわらず、すべての人々にとって、公平で利用しやすいデザインであることをいいます。ウェブページに関しては、従来から同様の概念として「アクセシビリティ」という用語が用いられてきました。ユニバーサルデザインをウェブページに適用した具体的な例としては、色覚異常があってもわかりやすい配色の工夫、音声ブラウザに対応したコンテンツ、キーボードにかわるマウス入力、といったものが挙げられます。特に、国や地方公共団体のウェブサイトについては、わが国におけるウェブサイト製作上の規格である「ウェブコンテンツJIS」への準拠が求められており、この中ではアクセシビリティの確保がうたわれています。

ユニバーサルデザインのお役立ち情報

「ユニバーサルデザイン」と似た用語として、しばしば「バリアフリー」という用語も巷間によく用いられています。この2つの用語の違いですが、「バリアフリー」が障害のある人や高齢者といった特定のユーザに配慮し、こうした人々がインターネットを利用する際の障壁を除くということを意図しているのに対し、「ユニバーサルデザイン」のほうは、ユーザーを選ばず、誰にでも障壁がないようにすることを意図しています。したがって、「ユニバーサルデザイン」のほうが概念としては幅広いものであって、「バリアフリー」もそのなかに包摂される関係であるということができます。インターネットは現代社会ではすでに誰もが利用するインフラのひとつとなっており、ユニバーサルデザインによるサイト構築は今後ますます求められるものといえます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績