ユーザビリティ(Usability)

ユーザビリティ(Usability)とは

ユーザビリティ(Usability)とは、ウェブサイトやソフトウェア・アプリケーションの使いやすさを指します。クライアントがシステムを利用して、ストレスなく操作を完了させられるかどうかを重要視し、指標としています。
いくら有能なシステムであっても、クライアントが使いにくいと判断すれば徐々に使用頻度は下がっていきますし、今後も続けて使用したいとも考えなくなっていきます。ユーザビリティ(Usability)を向上させるということは、現在のクライアントをリピーターへと転化させる最大の近道とも言えます。
また、ユーザビリティ(Usability)を追求することで画面の煩雑さを防ぎ、エラーの早期発見や発生率の低下にも役立てることが可能です。

ユーザビリティ(Usability)のお役立ち情報

ユーザビリティ(Usability)とは、簡単に言うと使いやすさのことです。しかし、一概に使いやすさと言っても何かテンプレートが存在しているわけではありません。
ですが、現状ユーザビリティ(Usability)の評価規格としてISOの国際規格が存在します。有効さ、効率、満足度、利用の状況という4つの項目に分けて認識させています。
また、ユーザビリティ(Usability)はクライアントにとっての使いやすさを向上させることのみを目的とした指標ではありません。国際規格の有効さがここに当てはまります。そこにビジネス的戦略が絡んでいないのであれば、ただの改良に他なりません。クライアントの行動心理を分析し、的確に捉える事によってマーケティングを成功させる。それに必要不可欠なものがユーザビリティ(Usability)であり、その使いやすさとはクライアントと提供主、双方にとってのものでなくてはなりません。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績