ラテラルシンキング(lateral thinking)

ラテラルシンキング(lateral thinking)とは

ラテラルシンキング(lateral thinking)は日本語では水平思考と訳されます。物事を細かく分析し、論理的に突き詰めていく垂直思考に対して、水平思考は全く別の観点から対象を眺めることにより、斬新な着想を得るのが特徴です。ラテラルシンキング(lateral thinking)を行なうためには、まず常識や固定観念を捨てなければなりません。次に物事の名称や外観にとらわれず、本質的な機能に着目する必要があります。そしてヒラメキを大切にし、偶然の小さな発見を蔑ろにしない感性を養うことです。水平思考と垂直思考は対立する関係ではなく、両者が互いに補い合うことで、行き詰まった現状を打破することが可能になります。

ラテラルシンキング(lateral thinking)のお役立ち情報

市場が拡大する局面にあっては、垂直思考がビジネスに大きな力を発揮します。垂直思考は生産性の向上やコストダウンに直接結びつき、売れれば売れるほど利潤を獲得できるからです。しかし成熟した市場は、すでに高品質な製品で飽和しており、それ以上のコストダウンも難しい状態です。他社との差別化を図っても、本質的な違いがほとんど生まれず、顧客に強くアピールできる要素が見つかりません。そのような時こそラテラルシンキング(lateral thinking)の出番です。競合他社と同じ土俵で競争することをやめ、誰も気づかなかったブルーオーシャンを探し出すことが、ラテラルシンキング(lateral thinking)の役割と言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績