ランチェスターの法則

ランチェスターの法則とは

ランチェスターの法則は1914年にイギリスのエンジニアであるフレデリック・ランチェスターによって発表されております軍事的な法則という事になるのですが、日本におきましては経営学への応用が盛んに論じられてきております。実際にランチェスター経営という言葉が出来ており、これは中小企業がその分野で競合している大企業に対しましてシェアをいかに勝ち取るのかを考える経営の戦略を指しております。ランチェスターの法則を経営学へ応用した場合には、兵員数は従業員数ということになり武器性能比は取り扱っている商品や情報などの性能や精度に置き換えて考えるということになります。またランチェスターの法則は第1法則と第2法則の二つがあり、どちらを選択して経営を進めていくのかも重要な戦略であると考えられております。

ランチェスターの法則のお役立ち情報

ランチェスターの法則を応用した経営戦略についてなのですが、大企業における応用戦略として考えられている方法は強者戦略と位置づけられており、特にマーケティング戦略におきまして他社からの追随を出来るだけ許さない方針をとるべく、可能な限り様々な分野へ視野を広げておいて先手を打っておくことであります。このようにしておくことより、他社が入り込んでくる隙間を作らないという作戦であり、兵力に相当する従業員を総動員することと、資本力を最大限活用して様々な分野へ性能の良い製品開発に注力することが重要であるとするものであります。一方ランチェスターの法則におきまして重要視されておりますのが弱者における戦略なのですが、これはマーケティングにおきまして弱者はなるべく一つの分野に絞り込んで、強者である大企業に差別化戦略を持って勝負を挑もうとするものであり、様々な企業において参考にされてきているものであります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績