リターゲティング広告

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告とは、ある特定のウェブサイトを過去に訪問した履歴のある人に限定して、再訪を促すような内容の広告を配信する、インターネット広告の手法のことをいいます。このリターゲティング広告は、最初にサイトを訪問した日時などを自動的に書き込んだ「クッキー」とよばれるファイルをブラウザに保存することによって行われ、このクッキーと、広告を配信している会社のデータベースに残っている訪問履歴とを突き合わせて、サイト訪問済みであることを識別し、適切な広告を配信するものです。特定のサイトをたびたび訪問するということは、そのサイトで扱っている商品に関心の高いユーザーである可能性が高いことから、商品の購入に結びつく可能性も必然的に高いといえ、広告手法としては効果的といわれます。

リターゲティング広告のお役立ち情報

リターゲティング広告は、商品に関心の高いとみられる層に対して、最初に訪問した際の記憶を呼び覚まし、再訪を促すという効果が期待できることから、商品の成約に結びつく割合を指す「コンバージョン率」を高める上でたいへん効果的な手法であるであるといわれています。その一方において、リターゲティング広告としてあまりに高い頻度で同じような広告が表示されるようであれば、逆にユーザーから忌避されることにもつながりかねません。そこで、「フリークエンシーキャップ」といって、特定のユーザーに対して表示する回数の上限をあらかじめ決めておき、同じ広告が大量に表示されることを防ぐといった設定をすることもできるようになっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績